×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

がん 早期発見

 

がんの早期発見

 

日本人は2人に一人が「がん」にかかり、3人に1人が「がんで死亡」するといわれています。しかしこの死亡率の高いがんという病気も早期発見することで殆どが克服できるということは一般的に知られてきていますね。実際に早期にがんを発見した場合、90%以上の人が克服しているという時代になってきています。このことからもいかにがんを早期に発見できるかがとても重要なことなのです。
がんを早期に発見するには、定期的に検診を受けることが大事です。定期的に診断することで過去の結果と比較することもでき、小さな変化が早期発見につながる可能性もあります。年1回の健康診断は受けるようにすることが大切です。
しかし注意しなければならないのは一般健診では必ずしも早期にがんを発見できるわけではないということ。毎年健診を受けているからといって充分ではない場合があるのです。
一般的な健診では、がん細胞がある程度の大きさにならないと発見できないものも多かったり、部位によっては検査項目に含まれていないので、やはり一般健診だけでは限界があるというのが実情です。
そこで、がんの早期発見に最も精度の高い検査がPET/CT検査というものが注目されています。
今まで多くのがん検査方法が生み出されてきましたが、その中でも最も画期的な早期診断方が「PET検査」です。PET検査(陽電子断層撮影法)は、がん細胞が糖分を多く取り込むという特徴を利用した検査です。がん細胞を早期発見できる可能性の高いこの検査ですが、位置情報が分かりづらいという面があるため、CT(コンピューター断層撮影法)と組み合わせより正確な診断を可能にしている検査がPET/CT検査というわけです。
PET/CT検査の特徴は、がんの発見率が一般健診の4倍以上。小さながんを発見できる。検査の時間が短く、苦痛や不快感もない。一度に全身を検査するので、予想外のがんも発見できる。腫瘍が良性か悪性かの診断にも優れている。

 

がんは早期に発見することで、殆どが克服できます!

 

 

これからも健康で長生きするため、手遅れになる前に精度の高いがん検査「PET/CT検査」を受けてみませんか?

 

 

>>PET/CT検査の詳細はコチラ